« | トップページ | 料理 »

2009年4月17日 (金)

実習オリ

今日は成人実習Ⅲ・周手術期の実習のオリエンテーションがありました。

この実習では、手術を受ける患者さんを術前・術後と受け持たせていただくのですが、その内容がすごい・・・! 実際にオペ室に入ってオペを見学させてもらったり、ICUの見学をさせていただいたり・・・。 貴重な体験をたくさん経験させていただくわけですが、正直とても怖いです。 これまで色々な病棟実習を経験してきましたが、その大半は内科。外科と比べて、内科は緊急度の高い患者さんは少なく、落ち着いた雰囲気でした。けれど、今回いく外科病棟は、モニターが鳴り響き、重症患者さんや手術などで精神的に苦痛を抱いている方が多いので、そんな中で自分は患者さんに対して、ちゃんとケアができるのか不安です。 また、オペの見学でも途中で気分が悪くなって倒れたらどうしよう、とか手術を受ける患者さんにどう接していけばよいのかとか・・・。

一番不安なのは、患者さん本人であってその家族だと頭ではわかっているんですが、正直自分本位な考えをしてしまいます。 けれど、先生いわく「最初はみんなとても不安だというけれど、2週間の実習を通して患者さんと接していくうちに、最後はみんな自信を持って終えることができるから前向きに考えて!」と言われ、ちょっと安心しました。不安なのは皆同じなんだと思えば、少し心に余裕をもつことができる気がする。 だからこそ、しっかり学習して臨まなければいけないし、その人のニーズに合わせた看護展開をしていかなければいけない。 そのためには、患者さんとの信頼関係を築かなければならない。これが結構難しいんですよねsweat01  だけど、いろんな人たちとプライベートなことまで関っていく実習は、本当に自分を成長させてくれます。バイトも同じ。 人との関わりが自分を強くしてくれる。 だんだんと打たれ強くなっていくんですよね。 以前ならこんな事言われたら、ショックで立ち直れないっていうことでも、自分の何が悪かったのかを振り返って反省するようになったし、素直になれるようにもなってきた気がする。 やっぱり、人と付き合うということはとても大切なことなんだよね。

 

|

« | トップページ | 料理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153808/29163563

この記事へのトラックバック一覧です: 実習オリ:

« | トップページ | 料理 »