« ランチ | トップページ | 24時 »

2009年8月28日 (金)

一番嫌だった授業時間

お世話になっているブログサイトでこんなブログネタが。

「一番嫌だったのは何時間目?」

今も学生やってますけど、高校までくらいですかね。嫌な時間割があったのは(笑)

一番嫌だったのは、4時間目! 

理由は、「お腹が鳴るから」。

特に、高校に入ると50分授業だったんで3時間目が体育とかだとホントにヤバかったです(恥) しかも、よりによって4限が怖い先生だったりして皆が静かに授業を受けている時なんて、ホント地獄でした。いつ鳴るかもしれないあの緊張感・・・!腹に力入れたり、息止めてみたり動いてみたり・・・。あと、先生に当てられてなかなか答えられずに沈黙されたり、朗読の声が小さい人だともうイライラが募って「わかんないならわかんないって言えや、コラ~!」「貴様、普段は声デカイくせに何しおらしくしとんじゃ~!」と心の中でキレてました。ゴメンなさい・・・( ̄Д ̄;;  朝ごはん、たくさん食べればいいのに。とも思うけど、何せ思春期。太るのが怖かったんですよね~(笑) そこで、ごはんは腹持ちがいいと聞いてから、パンからごはんにしたり、玄米なら腹が鳴らんと聞いては勝手に通販で発芽玄米頼んだりと必死でした。

次に嫌だったのは、1時間目でした。

私、高校まで過敏性腸症候群で緊張とかストレスでよくお腹壊してたんです。

特に朝、登校前なんかは2回もトイレに駆け込んで、学校で授業中トイレに行きたくならないよう無理やり出したりとか、1限が始まる前にもう1度トイレに駆け込んだりとか、ホント辛かったです。

テストの日なんかもう最悪でしたね。途中でトイレ行くとその時点で試験終了にされてしまうんで、本領発揮できない・・・(´;ω;`)ウウ・・・ お腹痛くなると冷や汗かくんですよ、独特の(笑)

そこで考えた突破口!

「常に最悪の状態になった自分を想像する」

例えばヤバイな・・・と感じたときに、“このまま痛くなって、手を挙げて先生呼んで保健室受験中の自分・・・”とか、“実はこの痛み、盲腸で・・・”みたいな最悪イメージを持つとなぜか安心して治るんですよね。

精神的なものから来てるものには暗示が効きました(笑) 人それぞれですけどね☆

現在はどうかって?

もう、超元気バリバリですよ! 看護学校入ってから、教室は冷暖房入っててその機械音で腹の音がごまかせたり、マイク使ったりするので話してる間は聞こえなかったり。

教室も広めだから、圧迫感が無くてゆったりと安心できます。しかも、同年代だけでなく社会人もいるので妙に安心感とか気の緩みが出てくるんですよね(笑)

映画とかも、大丈夫になったし!←これも昔はダメだった☆

みなさんは何時間目が嫌でしたか~?

|

« ランチ | トップページ | 24時 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153808/31141160

この記事へのトラックバック一覧です: 一番嫌だった授業時間:

« ランチ | トップページ | 24時 »